ブログに広告を貼ってしまいました。2017-09-08

広告ペタペタ貼ってるブログはちょっとねぇ…

ということで広告貼ってなかったのですが、

 

そりゃみんな必死にcoincheckの広告貼るわけだ…

1万円寄付してくださる方は、サイドメニューの一番下にある広告から、登録してください。おすすめはしません。仮想通貨トレードの難易度は上がってきたので。

bitFlyerも、2500円だったのを10000円に上げたそうです。登録者数が思ったほど増えなかったのでしょうか。

【新幹線】EX早特21 vs 学割【EX-ICカード】(おまけ:2017-09-30から始まるスマートEXについて)

帰省シーズンであるお盆は過ぎていますが、私は今日から帰省です。京都駅の新幹線待合室で投稿しています(笑)。
行きはEX早特21(21日前までの予約で大きく割引)、帰りは学割を使う予定です。ちなみに10日間滞在するので往復乗車券は使えません。

結論

  • 価格は互角
  • EX予約サービスなら券売機に並ばない
  • 学割なら予約変更自由

価格比較

  • EX早特21
    • 京都→東京(乗車券+特急券): 10800円
    • 東京→吹上: 970円
    • 合計: 11770円
  • 学割乗車券 + e特急券
    • 京都→吹上(乗車券のみ): 8960 * 0.8 = 7168円
    • e特急券: 4820円
    • 合計: 11988円
  • 学割往復乗車券 + e特急券 (わざと距離を伸ばす)
    • 京都→高崎(乗車券のみ): 9610 * 0.7 = 6727円
    • e特急券: 4820円
    • 合計: 11547円
  • EX予約サービスを使うが、割引は使わない場合
    • 京都→東京(乗車券+特急券): 12830円
    • 東京→吹上: 970円
    • 合計: 13800円
  • 券売機で購入する場合
    • 京都→吹上(乗車券のみ): 8960円
    • 特急券: 4820円
    • 合計: 14660円

EX早得21のメリット

  • 学割レベルの割引
  • 券売機に並ばない

EX早得21のデメリット

  • 早朝と昼間のみ対象
  • 乗車21日前を過ぎてからの変更は、全て割引解除。
  • 変更するとEX早得(3日前までの予約で割引)や、割引なしになる。
  • 同じ列車内の座席変更でも、割引なしになる(電話で確認済)。
  • つまり、ローカルの電車が遅れたから列車変更、ができない。
  • つまり、隣に人が予約したから座席変更、ができない。
    • ただし、キャンセル手数料は300円くらいなので、学割を持っている人は学割に変更すれば良い。

学割のメリット

  • 改札を通る前(発車2分前まで)なら、e特急券の予約変更が自由

学割のデメリット

  • 乗車券を買うのに窓口に並ぶ必要がある
  • e特急券を発行するのに券売機に並ぶ必要がある。

EX-ICカードを契約しなくて良い、スマートEXが2017-09-30開始

EX-ICカード(年会費1000円)を契約せず、手持ちのSuicaやICOCAなどで、EX予約サービスが利用できる「スマートEX」が2017-09-30から始まります(年会費無料)。

スマートEXでもEX早特21などの割引サービスは使えるようです。ただし割引率が違うようです。何も割引を使わない場合は、券売機で購入する場合より200円程度安くなるだけのようなので、新幹線を必ず年1回使う人はEX-ICカードを契約した方が多分得です。

しかし、私は学割を使えばいいのでスマートEXで良かったんですよね…もっと早く始めてくれ。

スマートEXのすすめ

割引を使う予定がなくても、スマートEXに登録しておくといいと思います。

座席がインターネット上で指定できるからです。

時間をかけてじっくり空いている列車、車両を探すことができます。

こんな感じです。3人席に誰もいない!やったね!

スマートフォンアプリよりパソコンからやった方が見やすいです。

Smart ICOCA はスマートじゃない

Suica View カードや モバイルSuica はオートチャージができます(持ってませんが)。

改札を通るだけでクレジットカードからチャージされます。

Smart ICOCA の「スマートチャージ」もこれと同じと勘違いして申し込みました。

Smart ICOCA は、券売機でチャージするときに現金を出さなくてよい、というだけです。微妙。「オート」ではない。騙された気分です。

Steemブルーペーパー公開!(日本語訳) 2017-09-08

以下の記事は、Announcing the Steem Bluepaper!を翻訳してみたものです。間違いがありましたら教えてください。


Hello Steemians!

先週、我々はホワイトペーパーをアップデートしました(日本語試訳はこちら)。我々は現在、ホワイトペーパーをGitHubでアップデートできるように書き直し中です。これで、ホワイトペーパーは、Steemコミュニティーが迅速にアップデートできる、生きた文書となるでしょう。ホワイトペーパーはSteemの歴史なので、あまり頻繁に書き換えたくはありませんが、ハードフォークを通して変化していく技術面について最新の状態を反映させたいと思っています。

全てが変わった

1年を通して変わったのは、Steemプロトコルの技術的な詳細だけではありません。ブロックチェーン部門全体が急激な変化を遂げました。その変化に対する我々の答えがこのブルーペーパーなのです。この業界に精通している人だけでなく、様々な職業についている人々が、このブルーペーパーに向き合い、我々のテクノロジーを知るときがやってきました。これは、普通の人々のニーズを満たすアプリケーションを推進する、オープンで非中央集権的なデータベースであるSteemには特に当てはまります。既に暗号通貨やブロックチェーンが好きでよく知っている人々だけが対象ではないということです。

すべての人々のための設計

ブルーペーパーは、我々のプロトコルへ案内する有用なガイドとなるように設計されました。これは考え得る限りの広い層の人々に理解しやすいように作られました。ブルーペーパーは、Steemの設立以来集めてきたフィードバックを統合したものです。最初のホワイトペーパーに欠けているとみなさんが思われたもの、追加されてきた機能、プロトコルの詳細により深く踏み込みたい人のための技術資料へのリンクなどが含まれます。ブルーペーパーもGitHub上でアップデートされ、生きた文書となる予定です。

ブルーペーパーが、我々のプロトコルだけでなく、我々のミッションも理解したいと思っている人々に対して、役に立つものとなることを願っています。ブルーペーパーを読むには、次のページにアクセスしてください。
https://steem.io/steem-bluepaper.pdf

One More Thing

我々は、eコマースのプロフェッショナルチームとパートナーを組み、Steemブランド製品のオンラインストアを公開しました。ここでは、みなさんが頑張って手に入れたSTEEMとSteem Dollarsが使えます!このプロジェクトを扱っているチームは、ブロックチェーンコミュニティーの昔からのメンバーであるだけでなく、オンラインストアを成功させてきた経験を何年も持っています。

詳細は、このチームのアナウンスを @thesteemitshop でチェックしてください。オンラインストアは www.thesteemitshop.com です。

Team Steemit


ブルーペーパーは全部で7ページしかないので、読もうと思えば全部読み通せそうですね。
普通の人が対象なので、短いことも大事ですね。

Steemのホワイトペーパーが根本的にアップデート!(日本語試訳) 2017-08-31

以下は、2017-08-30に発表された、A Radically Updated Steem Whitepaper を翻訳しようとしたものです。ブロックチェーンやSteemについての理解が足らず、間違っているところや、分からない用語をそのままにしたところがあります。


Steemのホワイトペーパーを根本的にアップデートしました

Steemの最初のホワイトペーパーは、暗号通貨による報奨制度を使って、コミュニティーの形成や社会交流をサポートするブロックチェーンデータベースを作り上げるというビジョンを描いていました。時が経つにつれてこのビジョンは進化し、このビジョンを支えるプロトコルも進化してきました。最初のホワイトペーパーは、進化した今のSteemを正確に説明するものではなくなってしまいました。

そこで我々は、新しいバージョンのホワイトペーパーを公開したことを発表します。このホワイトペーパーは、最新バージョンのブロックチェーンに基づいて、技術的に正確な内容が記されています。最新のホワイトペーパーはこちらからダウンロードできます。

主な変更点の一部を紹介します。

  • ハードフォーク16によって実装された、新しい経済システムのルールと、インフレ率を大幅に下げたことについて、情報を更新しました。
  • Power Down のサイクルが2年から13週間に変更されました。
  • 流動資産の換金能力による利益(?)(liquidity rewards)に関する項を削除しました。
    • (注)SBDを直接売ることができないことに関する話だと思いますが理解していません。
  • マイニング・POW(Proof Of Work)に関する項を削除しました。
  • インフレについての新しいルールに基づいた経済システムについて更新しました。
  • SMD(SteeM Dollars)をSBD(Steem Blockchain Dollars)に変更しました。
  • SBDをSTEEMに変換するのにかかる日数を7日から3.5日に変更しました。
  • 10%のSBD負債比率上限についての情報を追加しました。
    • (注)SBDが大量にSTEEMに変換されて売られるとトークンの価値が不安定になってしまうため、負債自己資本比率が10%を超えた場合、SBDをSTEEMに変換する量を制限します。と言うことだと思います。
  • SBD負債レベルに基づいた、price feedsと年利に関するwitness policyについて補足しました。
    • (注)難しいです…
  • 通常の取引状況において、ドルに連動するSBDの価値がどの程度ばらつくと予想されるかについて更新しました。
  • 報酬が投票数の2乗に比例する、を報酬が投票数に比例するに変更しました。
  • 投票ペースが速すぎるユーザーのVoting Powerを一時的に減らすこと(Rate Limited Voting)についての項を削除しました。
  • Voting Powerについての項を追加しました。
  • 支払いを遅れて発生させること(delayed payouts)についての項を削除しました。
  • 親投稿に報酬を与えることについての項を削除しました。
  • SP(Steem Power)を100%にする支払いの選択肢について情報を追加しました。
  • トップの署名者(witnesses)を19人から20人に変更しました。
  • ブロックを失い、それまでの24時間にブロックを生成していない署名者は、ブロックを署名するキーを更新するまで無効にされることを追加しました。
    • (注)witnessについては全く理解できていません…
  • bandwidth 制限について情報を更新しました。
    • (注)bandwidthは通信速度の帯域のことかと思いましたが違うようですね。
  • SP delegation について情報を追加しました。
    • (注)delegationは委任するということですが、難しいです。
  • 以前のインフレのルールの項を削除し、「STEEMの初期分配・供給」の項を作成しました。
  • 10:1 reverse split に関する情報を削除しました。
    • (注)約3年ごとに、取引所は一旦トレードをストップして、STEEMが10分割されて、それぞれの価値が10倍になる(?)ことを反映させなくてはならない、みたいな非常に理解の難しいことが書いてあったのですが、全く理解できていません。
  • 「価値はリンクにある(Value is in the Links)」という項を分かりやすく書き直しました。
  • その他、細かな言い回しを変更したり、コンセプトをわかりやすく書き直したりしました。

以上の変更は始まりに過ぎません。このアップデートの主な目的は、ホワイトペーパーが不正確な情報を含まないように最新の状態に更新しようというものに過ぎません。我々はすぐに新しい「ブルーペーパー」を発表します。これは、我々が今の最新の状況で見ているSteemのビジョンを説明する、全く新しい文書です。

すぐにさらなるアップデートがやってきます。お楽しみに!

Team Steemit

XRP売りました! – sold XRP!

宣言通り、XRPが25円になったので売りました。与沢翼さんが1億円分XRPを買ったらしいので、ちょうど良く釣り上がってるのかなと思ったのもあります。1億円くらいでは変わらないとつぶやいている人もいましたが。

As said, I sold all XRP because XRP reached 25 JPY/XRP. Also because there will be drop in a few days (YOZAWA Tsubasa bought 5000000 XRP).

  • 8/18:5000XRP 購入 (88526円)
    8/18:bought 5000 XRP (88526 JPY)

  • 8/27:500XRP売却 (ETHに替えてTNTやICOSを購入)
    8/27:sold 500 XRP (bought ETH to buy TNT and ICOS)

  • 9/6:4500XRP売却 (109960円)
    9/6:sold 4500 XRP (109960 JPY)

  • 21434円の利益が出ました。わーいわーい。
    profit: 21434 JPY

TNTは半値くらいになってるし、ICOプラットフォームのICOSはICO規制でどうなるか知らないので、この2つは帰ってこないものと見ることにします。
TNT (why?) and ICOS (ICO ban) seem to be dumb.

ちょうど税金が話題になっているところで、なぜ法定通貨にした(笑)。
You may wonder why I got fiat, because today people are buzzing about Japan Tax Agency announcement.

BTCやETHにしても良かったんですが、もう1回全コイン暴落するかなと思って。
各国の規制の話がさらに出てきたら(匿名系はダメとか)、みんなつられて落ちるかなと。
あと、ちょこちょこ利益出してるよアピールを、帰省したときにしたいと思った。
I think all cryptos will drop one more time, including BTC and ETH, when some government release more harsh regulation (ex. ban anonymous cryptos). And I want to show I am a safe trader to my family.

買い戻したいので悪いニュース期待してます^^
expecting huge drop ;-p

Steemit で初めての payout! – My first payout @steemit!

#introduceyourselfの投稿で、11.22ドル相当の報酬がもらえました。結構voteしてくれた人への報酬が多いですね。ある人がvoteする前は全部で6ドルくらいだったのですが、voteした瞬間16ドルくらいになりました。なぜか少しずつ減って14.69ドルで確定(1週間で確定する)。
My #introduceyourself post earned $11.22 equivalent coins. I was surprised that rewards for curator are quite big (Give me more). When a man voted, the estimated payout jumped up to $16 (otherwise $6), and has decreased a bit along the time, and finally settled at $14.69 (settled in a week).

Wallet に行って、 redeem rewards を押すと、報酬が受け取れます。
Go to "Wallet" and push "redeem rewards, " then you receive rewards.

Steem Power と Steem Dollars が増えました。
You can see Steem Power and Steem Dollars increase.

気温が暴落(今日の日記)

9月に入ってから寒いですね。数日前までエアコンをつけて寝ていたのに、今ではエアコン無しで寝ても朝が寒いです。室温が24℃くらいまで下がります。

最近覚えたimportHTML関数を使って、気象情報を取り込んでGoogleスプレッドシートで気温のグラフを描きました。9月に入ってから最低気温が順調に暴落していますね。今日のNEMの相場のようです。

今日は朝のアルバイトは行きましたが、あまりにNEMいのでずっと寝ていました。起きたら13時です。ずっと寝ていたのですが、うっすらと意識が浮上するたびに、「北朝鮮コインが下がったら買った人の損失を補うために、北朝鮮料理を振る舞わないといけない…」「うわっ下がった…」「料理作らなきゃ…」みたいな意味不明な思考をしていました。詳細が思い出せないので、自分がコインの発行主体なのか、なにか突発的な企画をしたのか分かりません。まだNEMかったのですが、なぜか何度寝しても北朝鮮コインのことしか考えられないので、微睡んでいてもあまり気持ちよくないため、起きました。

昨日決めた、NEM35円、ripple25円に達することはなく、低みの見物モードになりそうです。今ちょうど上昇の兆しが見えるんですがどうなるでしょうか。

中国ICO禁止で仮想通貨暴落してますね

今後、XRP(ripple)が25円、XEM(NEM)が35円まで一時的にでも上がってくれたら売りたいですね。XRPは17.7円、XEMは27.7円くらいで買いました。

上がらなかったら、とりあえず持ち続ければいいかな。眺めて楽しむくらいの余裕を持ちたいです。

ICOだけじゃなくて仮想通貨自体(ZCashなどの匿名系だけとか)禁止するよ!みたいなことを中国かアメリカあたりが言って大暴落したときに買い戻したい。


現在(2017-09-04 22:15)の総資産です。原資22万円なのでまだ黒字です。少額(笑)とか言わない。


こちらは、2日前(2017-09-02 17:07)。このくらいでrippleとNEMが売れれば、この2種類だけで原資分が回収できる。

【Num1000】大変懐かしいFlashを見つけてしまった【Perfect Promotion】

KyleaaronさんのNightcoreアレンジが好きでよく聞いているのですが、新着動画を聞くとめちゃめちゃ聞き覚えのある曲だったんですよね…

なかなか思い出せず、探すのも時間がかかったのですが、こちらですね…

Perfect Promotion の作品ですね。たぶん2004年。私は中2だったと思います。

これを毎日見てて、ブログにコメントなんかもしました。

当時は憂鬱な蚯蚓というブログ名で、骸屋に改名。両方ともブログはなくなっていたので諦めていたのですが…。

u-ji氏に改名されたのでしょうか。こちらの方のようです。 https://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/3932.html ご挨拶するか迷っています…

私も中2のときにFlashを作っていました。

東芝のノートPC。Windows XP, Pentium 4 時代のCeleron, 512MBのメモリ(増設前は256MB), 40GBのHDD, 分厚い3kgの筐体, USB 1.1, 無線LANなし。これで24万円。Pentium 4, USB 2.0 搭載の最高峰モデルは40万円くらいしました。USB 2.0のPCカード, 無線LANのPCカード(802.11b)を後から買いました。

当時はswfファイルを直接アップロードするのが主流でした。ゲームならまだしも、動画をswfで公開するのは今考えると謎ですね。弱いCPUでレンダリングしながら再生するわけです。このPC、まだ実家に残っているので、swfファイルが残っていたりするのでしょうか。

筑波大学時代めっちゃ好きだったロシア語の先生がYoutuberに!

こちらです。

ご覧いただくと、なぜめっちゃ好きだったのか分かると思います(やさしい)。

ロシア語だけはめっちゃ予習復習しましたね。

是非チャンネル登録してください。