富岡製糸場(世界遺産)に行きました – Tomioka Silk Mill (World Heritage), Gunma, Japan

大人1000円、大学生は250円です。障害者と同伴者は無料なので、4人家族ですが1250円で済みました。ガイドツアーは別料金で1人200円です。ガイドの人の声がよく聞こえるようにイヤホンつきのレシーバーが配られます。
1000 JPY for adult, 250 JPY for student, 0 JPY for person with disability & companion. We spent only 1250 JPY for 4 people. Guided tour costs 200 JPY per person. They distributed us a receiver with earphone.

かつて日本は絹糸の世界シェア80%を誇っていたそうです。富岡製糸場は日本の模範製糸場です。つまりここで働いた優秀な女工が、各地の製糸場のリーダーとなったんだそうです。
Japan had 80% world share on silk at that time. Tomioka Silk Mill was Japan’s government-running model factory. This means that the girls who had worked in this factory became a leader on local factories.

この時代はレンガ造りの建物がなかったそうです。繭の乾燥・保管(2階)、選別(1階)を行うこの建物は、フランス人からレンガ造りを教わったばかりの建物だそうです。まだ洗練されていなくて、レンガの色がバラバラであるところに注目だそうです。縦・横のレンガを組み合わせる工法も今では珍しいとのこと。
This is one of the first brick-built buildings. The carpenters had never built brick buildings so that this building is not so sophisticated. In fact, the color of bricks is random. And it is rare now to stack bricks which is front-rear & left-right at the same time.

その向かいにあるこちらの建物は、1年後に建てたので、洗練されて、レンガの色がバラバラではなくなっているそうです。
This is the building in the opposite across the pavement. This is built 1 year later, so this is more sophisticated. Note that the color of bricks is well-arranged.

こちらが実際に糸を紡ぐ建物です。300人の女工が働いていたそうです。300人というのは当時は世界最大規模だそうです。
This is the main building where 300 female workers were spinning silk. 300 workers are the largest in the world at that time.

富岡製糸場は3代にわたって経営されており、3代目(片倉)ではオートメーション化していて、1人で120本の糸を同時に紡ぐことができたらしい。これが日産製のオートメーション化された機械。最初に輸入された物は1人で1本の糸を紡ぐことしかできなかったが徐々に改良した機械が開発されたらしい。
Tomioka Silk Mill had been run for 3 generations. During the 3rd owner (Katakura), Nissan automated the spinning machine so 1 worker can spin 120 yarns at the same time. The first machine imported from France can spin only 1 yarn per person at the same time.

富岡製糸場内の診療所。診療も入院も無料だったそうです。
The clinic in Tomioka Silk Mill. Workers can see a doctor or be hospitalized for free.

寮の南を流れる川。風が涼しいらしい。元々寮は北側にあったが、川に面した環境の良いところに寮を作り直し、北にあった寮は事務になった。15歳から25歳くらいの女工を募集したが、実際には11歳から60歳まで応募があったそうです。学校もできて、中卒の女工に高等教育(と言っていたが正確には後期中等教育では?)を行ったそうです。
This is the river on the southern side of worker’s residence. The first residence in the north side had poor view, so they built new residence (old residence became a office). They recruited female workers aged 15-25, but actually 11-60 aged workers applied. They provided higher education to female workers graduated from junior high school.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA