Steemのホワイトペーパーが根本的にアップデート!(日本語試訳) 2017-08-31

以下は、2017-08-30に発表された、A Radically Updated Steem Whitepaper を翻訳しようとしたものです。ブロックチェーンやSteemについての理解が足らず、間違っているところや、分からない用語をそのままにしたところがあります。


Steemのホワイトペーパーを根本的にアップデートしました

Steemの最初のホワイトペーパーは、暗号通貨による報奨制度を使って、コミュニティーの形成や社会交流をサポートするブロックチェーンデータベースを作り上げるというビジョンを描いていました。時が経つにつれてこのビジョンは進化し、このビジョンを支えるプロトコルも進化してきました。最初のホワイトペーパーは、進化した今のSteemを正確に説明するものではなくなってしまいました。

そこで我々は、新しいバージョンのホワイトペーパーを公開したことを発表します。このホワイトペーパーは、最新バージョンのブロックチェーンに基づいて、技術的に正確な内容が記されています。最新のホワイトペーパーはこちらからダウンロードできます。

主な変更点の一部を紹介します。

  • ハードフォーク16によって実装された、新しい経済システムのルールと、インフレ率を大幅に下げたことについて、情報を更新しました。
  • Power Down のサイクルが2年から13週間に変更されました。
  • 流動資産の換金能力による利益(?)(liquidity rewards)に関する項を削除しました。
    • (注)SBDを直接売ることができないことに関する話だと思いますが理解していません。
  • マイニング・POW(Proof Of Work)に関する項を削除しました。
  • インフレについての新しいルールに基づいた経済システムについて更新しました。
  • SMD(SteeM Dollars)をSBD(Steem Blockchain Dollars)に変更しました。
  • SBDをSTEEMに変換するのにかかる日数を7日から3.5日に変更しました。
  • 10%のSBD負債比率上限についての情報を追加しました。
    • (注)SBDが大量にSTEEMに変換されて売られるとトークンの価値が不安定になってしまうため、負債自己資本比率が10%を超えた場合、SBDをSTEEMに変換する量を制限します。と言うことだと思います。
  • SBD負債レベルに基づいた、price feedsと年利に関するwitness policyについて補足しました。
    • (注)難しいです…
  • 通常の取引状況において、ドルに連動するSBDの価値がどの程度ばらつくと予想されるかについて更新しました。
  • 報酬が投票数の2乗に比例する、を報酬が投票数に比例するに変更しました。
  • 投票ペースが速すぎるユーザーのVoting Powerを一時的に減らすこと(Rate Limited Voting)についての項を削除しました。
  • Voting Powerについての項を追加しました。
  • 支払いを遅れて発生させること(delayed payouts)についての項を削除しました。
  • 親投稿に報酬を与えることについての項を削除しました。
  • SP(Steem Power)を100%にする支払いの選択肢について情報を追加しました。
  • トップの署名者(witnesses)を19人から20人に変更しました。
  • ブロックを失い、それまでの24時間にブロックを生成していない署名者は、ブロックを署名するキーを更新するまで無効にされることを追加しました。
    • (注)witnessについては全く理解できていません…
  • bandwidth 制限について情報を更新しました。
    • (注)bandwidthは通信速度の帯域のことかと思いましたが違うようですね。
  • SP delegation について情報を追加しました。
    • (注)delegationは委任するということですが、難しいです。
  • 以前のインフレのルールの項を削除し、「STEEMの初期分配・供給」の項を作成しました。
  • 10:1 reverse split に関する情報を削除しました。
    • (注)約3年ごとに、取引所は一旦トレードをストップして、STEEMが10分割されて、それぞれの価値が10倍になる(?)ことを反映させなくてはならない、みたいな非常に理解の難しいことが書いてあったのですが、全く理解できていません。
  • 「価値はリンクにある(Value is in the Links)」という項を分かりやすく書き直しました。
  • その他、細かな言い回しを変更したり、コンセプトをわかりやすく書き直したりしました。

以上の変更は始まりに過ぎません。このアップデートの主な目的は、ホワイトペーパーが不正確な情報を含まないように最新の状態に更新しようというものに過ぎません。我々はすぐに新しい「ブルーペーパー」を発表します。これは、我々が今の最新の状況で見ているSteemのビジョンを説明する、全く新しい文書です。

すぐにさらなるアップデートがやってきます。お楽しみに!

Team Steemit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA