机を傾かせるアタッチメント作ったよ

こんにちは、首こりをなんとかする会(1人)DIY部(1人)です。

ついに机を傾かせるアタッチメントができました。
写真
1枚目: 30°モードDSC01924
2枚目: 30°モード(スケルトン)前からDSC01929
3枚目: 30°モード(スケルトン)後ろからDSC01928
4枚目: 60°モードDSC01925
5枚目: 60°モード(スケルトン)前からDSC01926
6枚目: 60°モード(スケルトン)後ろからDSC01927
7枚目: 落下防止用の柵を取り付けた図DSC01930
8枚目: Macを載せた図DSC01931

材料費
レッドパイン集成材(910×400×18) 1380円
ホワイトパイン集成材(600×45×24) 298円×3
ホワイトパイン集成材(600×90×15) 368円×4
ホワイトパイン集成材(600×55×15) 238円×2
カット代 150円
瞬間接着剤 298円
ミニアングル(補強金具)2個入り 278円
皿木ねじ(φ3.1×32)たくさん 100円
超低頭皿木ねじ(φ3.1×13)たくさん 128円
蝶番(幅38)2個入り 228円×3
合計5860円
DIYは高い!!!!!!

つくるの面倒だし、DIYは高いので、山善さんとかアイリスオーヤマさんとか、製品化してくれませんかね〜〜〜〜勝手に作っていいよ!!!!!アイデア料とか要らないから!!!!!じゃんじゃんつくろう!!!!!!

我ながらよくできたなーと思います。
失敗しなかったのは奇跡に近い。
あと手動ドライバーで余裕だったのが嬉しい。電動ドライバー持ってないです。
当初は、板が机よりも下まで伸びている姿を想像していましたが、
蝶番で繋いだ部分の強度が不安だし、これ全体が倒れるのを防ぐためにフックを作らないといけなくなるんだけど、そうすると「これは600mmの奥行きの机 にしか使えません!」ということになってしまう。だから、単純に机の上にポンっと乗せるようにしました。最近届いた引き出しのないシンプルな机だと、これ でも十分快適であることが分かったというのもあります。考えているうちにどんどん実装を簡単にしていくのはハッカソンみたいでよかったですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA